機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」の感想 「成り上がりものが妬まれるのはどこでも一緒」

z12

 

 

感想(ネタバレあり)

 

さあ始まりましたオルフェンズ第2期。

オルフェンズの放映がなかった半年、

ホント長かったです。

さて、

鉄華団やクーデリアたちはどうなっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

クーデリア以外はあんまり変わってない?

 

護衛任務だけでなく、

農業分野にも進出してどんどん大きくなっていく鉄華団。

そしてとうとう名瀬と肩を並べるテイワズの直径団体に。

何と地球にも支部を置くけるぐらいまでに巨大化してます。

ハーフメタルというトンデモナイ利権を握っている鉄華団は

テイワズ内部でも重用されているみたいです。

 

一方クーデリアはアドモス商会を開設し

ボチボチ商売に勤しんでいるようす。

 

でもいいことばかりではありません。

ギャラルホルンの権威が失墜したため

各地で紛争が増加。

また鉄華団の活躍で

少年兵たちの有用性が知れわたってしまい、

どこでも少年兵を使うのが一般的に。

結局紛争が続いて鉄華団のような

団体がなくてはならない感じになっているようですね。

 

たくさんの入団者が入ってきた鉄華団は

新人研修を大々的にやっています。

でも古参と新人の間に認識の差があるようで

後々問題になりそうな感じがします。

新人と古参が対立するようなフラグにも感じますね。

 

さてそんな鉄華団に新しい依頼がきたようです。

以来内容はクーデリアの護衛。

有名人になったクーデリアを快く思ってない人間も多いらしく、

クーデリアの予定の情報が外に漏れているようで、

それを重く見たクーデリアが

もしものために鉄華団に頼ったようです。

 

やっぱり一緒に死闘を潜り抜けた仲ですので

鉄華団を一番信頼しているのでしょう。

 

場面代わってギャラルホルン。

権威が失墜した中でマクギリスがその影響力を大きくしているようですが、

それに反感を抱く人間も結構いるようです。

何かこの構図ばっかりです。

新参者や成り上がりを遂げた者が妬まれるのはどこも一緒ですね。

 

マクギリスの権力拡大を、

月の方面艦隊の司令のラスタルは危険視しており、

たぶんギャラルホルン内の覇権を握ってマクギリスと争うことになりそうです。

 

 

また場面が代わって火星。

オルガが海賊の襲撃の情報を掴んだらしく、

クーデリアを守るために戦闘開始。

でも運悪く三日月がいない状態。

 

最初新人たちで対応しますけど押され気味。

しかしすぐに古参が投入して戦線を維持に成功します。

あの戦いで生き残った古参はやはり有能ですね。

でも海賊の別動隊が出てきてまた苦戦。

 

さあ、おぜん立てはできました。

最後はやっぱり三日月が〆ることに。

 

シャトルから飛び出す三日月が操るバルバトス。

美味しいところを持っていきますね、

さすが主人公w

 

しかし今回はここで終了。

せっかくいいところなのに。

 

 

そういえば1期と比べてクーデリア以外

あんまり変わっていませんでしたね。

オルガがイマイチ趣味が悪いワインレッドのスーツを着ているシーンがあるくらいで。

まあいきなりキャラが変わり過ぎるのも問題ですが

もうちょっとそれぞれのキャラが大人びていても良かったと思います。

 

次回はあの懐かしいチョビひげのトドも出るようですし、

マクギリスが何か仕掛けてくるような感じがします。

次回も楽しみです。

 

今回のまとめ三行

・影響力を増す鉄華団とクーデリア

・ギャラルホルン内部でも権力闘争が起きそう

・最後に良いところを持っていく三日月

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました