ガーリッシュ ナンバー 第2話「天狗な千歳と声なき悲鳴」の感想 「PVの時点で既に万策尽きそうな感じがするんですけど千歳大丈夫?」

n1

 

感想(ネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

新作アニメのメインキャストに抜擢された

本作の主人公の千歳。

当然みんなに知ってほしくて

わざとメインキャラに抜擢されたことを

マネージャーの悟浄との掛け合いで

周りに風潮しています。

 

さらに未だモブしかやっていない声優を

見下す所業は

さすが腹黒声優って感じですw

千歳は我が世の春を謳歌してますが

こういう時って・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

原作側とアニメ製作側の意思統一できていないと・・・

 

今回の新しいアニメは

原作もの。

そのため原作側とアニメ製作側との

会議が開かれますけど、

最初から漂う不穏な空気。

 

どうやら原作者が

アニメのキャラデザに納得できていないよう。

そりゃあ、

キャラの顔をいろいろ弄られたら

良い気はしませんわ。

 

でももう時間がありません。

仕方無いのでPVだけは作って

あとは再調整ということに。

絶対後で原作側の不満が爆発するパターンだわ。

 

 

所属する声優事務所に顔を出す千歳。

そしたら養成所同期の八重ちゃんが。

 

 

 

見るからに可愛い系天然の八重ちゃん。

たぶん千歳が苦手なタイプ。

 

そのためか八重ちゃんには

上辺だけの会話しかしません。

テキトーな感じが滲み出ています。

こういう何気ないシーンで

キャラの性格などが

掘り下げられていくのは

いいですね。

 

さて新作アニメの打ち合わせに出席する千歳。

でもそこには八重ちゃんともう一人、

関西出身の先輩声優の京ちゃんの姿が。

 

 

 

どうやら今度の新作アニメは

ハーレムもののようで

ヒロインが5人いるようです。

 

そしてヒロインに声を当てるのが、

千歳、八重ちゃん、京さん、

そして今日は出席していない

百花ちゃんと万葉さん。

 

最後の二人がキャスティングしている時点で

このアニメの成功を確信する千歳。

確かに売れっ子声優がキャスティングされていると

それだけで視聴する人がすごく増えますからね。

成功する確率は上がります。

でも当然コケる時はコケますけどね。

良いキャスト陣だったのに失敗したアニメは

ごまんとありますから。

 

あとこの5人でユニット組んで

CD出すことまで決定済み。

千歳の虚栄心だけが

どんどん満たされていきます。

まあ、まだ成功するとは限りませんけど(しつこい)。

 

 

打ち合わせが終わったら当然のごとく

飲み会に突入。

その席でキックオフイベントすることを

サラッと話す九頭P。

 

あと九頭Pは

千歳たちが

原作者指名だと言ってますけど、

前回バーでテキトーに選んでましたよね。

 

 

 

そしてキックオフイベント当日。

そこでキャスト全員集合してPVが流れますけど、

これが酷い出来栄え。

作画が万策尽きる前な感じ満載。

 

普通のPVって

できる限りクオリティを高めて

興味を引き付けなければいけませんけど、

これじゃ全くダメ。

 

九頭Pの腹心である

十和田APも

やばいと感じているようですね。

 

十和田APは

1話の製作費が1600万円というところに

引っかかっていましたし。

 

やっぱり1話は視聴者を引き付けるための

重要な回ですので

製作費2000万円は欲しいですよねえ。

もちろん製作費が高ければ

クオリティも上がるという訳ではありませんけど。

 

キャスト陣も

万葉さんと京ちゃんが

未だキービジュアルや設定が

公表されていないことに

何かおかしいと感じているようです。

 

何も心配ないと思っているは

たぶん千歳だけかも。

 

キックオフイベントの後は

千歳、八重ちゃん、そして京ちゃんで打ち上げ。

そこで千歳が

同期からハブられていることや

京ちゃんの同期は京ちゃん以外

声優を辞めていることが発覚。

 

まあ、千歳に関しては

自業自得な感じがしますけど。

 

ともかくこの3人については打ち解けたようですね。

 

「我ら三人デビューした日は違えでも、

消える日は同じ日同じ時を願わん」って

桃園の誓いみたいなことやってましたしw

 

あと千歳のあだ名が

ちーちゃんとちーさまってw

うん、完全にどっかのキルミー声優さんと被るわw

 

3人が打ち上げをやっているころ、

また行われる原作側とアニメ製作側の会議。

今回は九頭Pもまずいと感じているようで

消えるような声で会議の開始を宣言します。

そして何か文句を溜めてそうな原作者のアップで今回はエンド。

 

不穏です。

不穏な空気しか出てきません。

果たして新作アニメどうなってしまうのでしょうか?

 

まあ、ぶっちゃけ、

アニメがコケても

声優だけが売れたという例はいくらでもありますから

たぶん千歳たちは大丈夫でしょうね。

 

 

今回のまとめ三行

 

・既に有頂天の千歳

・原作側とアニメ製作側の齟齬が露呈

・同期にハブられていた千歳

 

 

タイトルとURLをコピーしました