ガーリッシュ ナンバー 第3話「邪道な千歳と王道展開」の感想 「棒演技からちょっとマシな演技へ」

n1

 

感想(ネタバレあり)

 

今回ようやくアフレコが始まりますけど、

千歳の棒演技が酷すぎ。

そして少し努力した後、

演技変わり過ぎw

 

あと演技がマシになった途端、

百花ちゃんと万葉さんの手のひら返し

早すぎw

 

 

 

スポンサーリンク

普通のオーディションありきの作品だったら千歳絶対受からん

 

アバンから不穏な空気が流れています。

前回改善するという約束をいていた

キャラデザ。

 

キービジュアルが上がって来たら

ビックリ。

以前のものと全く変わってなく、

さらにPVのものと

違い過ぎるようです。

 

さすがにこれには

原作サイドがイライラ。

 

ここで制作サイドが謝ったらいいのに

スケジュールを盾に

このまま押し通そうとしているのミエミエ。

九頭Pもどちらかというと製作サイド寄り。

 

一人ラインPだけ

申し訳なさそうな感じでしたけど、

九頭Pがうやむやにして会議終了。

絶対後で問題出てくるパターンですわ。

 

あと前回は原作者がかわそう

と思ってましたけど、

原作者が

しっかり自分の意見を

言わないのが悪いという風に

今回は感じました。

 

 

さて第1話のアフレコ当日、

新人の八重ちゃんと京ちゃんは

先輩声優さんたちに挨拶まわり。

 

その一方同じく新人のくせに

どや顔でドンと構える千歳。

 

 

どうやら千歳は

新人でも主役級のヒロインをやる場合は

挨拶をしなくていいと

思っているようです。

 

声優業界って挨拶に始まり

挨拶に終わるとよく聞きますけど、

千歳みたいなタイプ、

すぐに干されそうな感じがしますね。

 

八重ちゃんに言われて

慌てて挨拶回りをする千歳。

でもそれに対する

万葉さんの素っ気ない態度を見たら

すでに危険水域に達しているような感じもします。

 

 

でも実力があれば

周りを納得させることもできるはず。

なんたって千歳は

原作者指名で

このアニメのヒロインをゲットしたのだから。

たぶんそう思っている千歳ですが、

これがまた酷い棒読み。

あんた本当に養成所出ているのかと

いうくらいに。

 

最近ここまで棒読みするヒロイン

見たこと・・・ああ、春クールであったわw

それで視聴するの切った作品が。

 

 

しかしこの棒読み、

演技でやれと言われたら声優さん大変でしょうねえ。

その点千歳役の千本木さん、

ホント棒読みの演技が上手かったです。

さすがアイムがプッシュしている声優さんですわ。

 

それはともかく

主役がこれじゃ

この作品も・・・。

 

どうやらこの作品、

ポシャりそうだと

業界の噂になっているらしく、

シリーズ構成が途中で降りたという話も。

 

悟浄くんも百花ちゃんのマネから

それを聞きます。

 

 

 

千歳の新人離れした

傲慢な態度と棒読みに

百花ちゃんも

万葉さんも

呆れて、

千歳は二人から

見限られます。

まあ当然ですわ。

 

 

でもこの段階ではまだ千歳は

まずい状態にあることを認識しておらず、

悟浄くんのアドバイスも聞き入れません。

 

でも次の収録から

リテイクが増えて

少しづつ自分はまずいかもしれないと

感じる千歳。

 

それで悟浄くんに相談しますけど、

悟浄くんのアドバイスが

抽象論過ぎるといって

さっさと百花ちゃんに聞くことに。

 

 

百花ちゃんが気にしていることを

サラッと言ったりして

視聴者的にはイラッとさせらえる場面もありますが、

似たキャラを真似て調整するというアドバイスを聞き入れ、

千歳もちょっとは努力をします。

 

 

その結果、

次のアフレコでは

棒読みから

ちょっとはマシな演技にランクアップ。

これには八重ちゃんや京ちゃんだけでなく

 

 

 

千歳を半ば見限っていた

百花ちゃんも万葉さんもびっくり。

 

二人とも見限ると止めて

仲良くすることに。

こうやって方向転換を

サラッとできるところも

人気声優である所以なのかもしれません。

 

とりあえず危機を脱した千歳ですけど、

千歳には手が届かないところでは

不穏な空気が流れ続けています。

果てしてこのアニメ、

無事オンエアできるのでしょうか?

 

現実世界では

覇権候補だった

某アニメが第4話で早くも

万策尽きたみたいですし。

 

そういえば

今回はキャラクターのちょっとした情報が

随所に指し込まれていましたね。

 

悟浄くんは

元役者だったみたいだし、

百花ちゃんは

母親のこと言われるの嫌いみたいだし、

万葉さんは

酒豪でツンデレだし。

ちなみに万葉さんの声やっている

大西さんはお酒飲めなかったはず。

 

知れば知るほど

どのキャラクターも

作りこまれているのがわかります。

次回以降もこういった情報が

小出しになるのでしょうか。

それも結構楽しみですね。

 

今回のまとめ三行

・製作と原作の不和

・棒読みからマシな演技へ

・悟浄くんは元役者

 

 

タイトルとURLをコピーしました