【勝手に厳選】エロマンガ先生第9話の見どころやポイントを振り返る 「エルフ怒涛の巻き返しが凄すぎる」

 

妹(紗霧)が好き。

 

正宗の気持ちが全くブレない以上

敗戦濃厚のエルフですが

少しでも勝利の確率がある限り、

彼女は諦めません。

 

この第9話では

自分のフィールドに

正宗を誘い込み、

一気に形成逆転を狙って

怒涛の巻き返しに出ますが

果たして正宗にその気持ちが

伝わったのでしょうか?

 

それではいつものように

見どころやポイントを

振り返りましょう。

 

スポンサーリンク

なぜ紗霧は取材旅行参加を勧めたか?

 

正宗を独占したい紗霧にとって

正宗が取材旅行に行くということは

エルフやムラマサと

イチャイチャする可能性がある以上

好ましい事ではありません。

ではなぜ紗霧は勧めたのでしょうか?

 

最大の理由はやはりエルフとの裏取引でしょう。

エルフはある条件を飲むことで

紗霧から正宗を連れだす許可を得たのです。

 

取引材料はもちろん・・・。

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

 

今までエルフやめぐみにやってきたことを

考えればだいたい予想できると思います。

 

原作ではエルフだけでなく

ムラマサも巻き込まれることになりますが

スンナリと行くのでしょうか?

 

 

もう一つ考えられる理由は

正宗の自立だと思います。

 

家族と一緒でないと心配という

正宗のトラウマ。

 

取材旅行に行かせることで

少しでもその解消を

狙ったのかもしれません。

 

このままなし崩し的に

妹というポジションが固定されたら

紗霧の夢は敵いませんので。

 

エロマンガ先生第8話より引用

 

 

あと純粋に

正宗の小説のプラスになるかもと

考えたのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

獅童君とは話を付けていた?

 

ビーチで正宗と二人きりの状態になったエルフ。

ムラマサはともかく、

なぜ獅童君はなかなか

やってこなかったのでしょうか?

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

一応仕事のメールを送ると

正宗に言付けしてましたが

それは本当のことなんでしょうか?

 

アニメではカットされましたが

原作だとエルフと示し合わせたような

記述があるのです。

 

ただ獅童君は

正宗のことをホモと思いこんでいるので

エルフと示し合わせたような

場面を入れてしまうと

整合性がとれなくなる恐れがあります。

 

だからアニメではカットに

なったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ムラマサが取材旅行にきた理由

 

どう見てもインドア派のムラマサは

この取材旅行にやってきた理由は

自分で言っていた通り、

正宗のお蔵入り小説を読ませてもらうため。

 

第1話で一気に2本分の

プロット(実質小説の原稿)を

書きあげたことからも分かる通り、

正宗は早筆ですので、

おそらく普通のラノベ作家以上に

お蔵入りがあると

考えられます。

 

お蔵入りということは

何からかの理由で

世に出せなかったということ。

 

でも正宗の作品が大好きな

ムラマサからすれば

そんなお蔵入り作品でも

喉から手が出るほど読みたい作品なのです。

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

純粋な一ファンとして

羨望の目で見つめてくるムラマサ。

 

こんな目をされたら

誰だってサービスしたくなりますよね。

 

今回はここで終わりましたが

次回は正宗の作品を読んだ後の

ムラマサの姿が出てくるはず。

 

あれも見たら

ムラマサファンがさらに増えるかも。

 

スポンサーリンク

クリスは負い目がある?

 

エルフを政宗に勧めるクリス。

でもなぜクリスは正宗に

妹との結婚を勧めるのでしょう?

 

考えられるのは

エルフが言っていた通り、

エルフに負い目があるからでしょう。

 

若い頃、

母親の方針に反発したクリスは

一人家を飛び出します。

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

 

その結果残されたエルフに

母親の関心が集中し、

エルフの負担が増えたのでしょう。

 

そういうことがあるので

クリスはエルフの希望、

正宗と結婚したいということを

アシストしようとしたのではないでしょうか?

 

ただし正宗の

 

「好きな人がいなければ、

もう5回ぐらい惚れているかも」

 

という言葉を聞いて

望み薄と感じたかもしれませんが。

 

スポンサーリンク

エルフは諦めない

 

自分の父が母にプロポーズしたところに

正宗を連れだしたエルフ。

 

普通に考えてムードを盛り上げて

自分の気持ちを伝えようという

意図があったのでしょう。

 

自分は正宗が好きだと。

 

ただやっぱりツンデレなところがあるので

お婿さん候補とか言っちゃうところが

エルフらしいですけど。

 

前回の8話で

正宗から自分はお姉さんと思われており、

恋愛対象に見られていないとわかって

少なからずショックだったのでは?

と思います。

 

でも自分の父親は何度も母にアタックして

最終的には結婚した。

 

だから自分も何度でもアタックして

最後には絶対正宗をゲットする。

 

ここに連れてきたのは

その意思表示だったのという

可能性もあります。

 

一応紗霧ルートに固定はされていますが

エルフは最後まで諦めないでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

告白するのではなく告白させる

 

自分に惚れさせる。

揺るぎない自信があるからこそ

吐き出せる言葉。

エルフらしいですね。

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

やっぱりお風呂で

正宗が言った言葉、

「好きな人がいなければ、

もう5回ぐらい惚れているかも」

を聞いて、

まだ自分にもチャンスがあると

思ったのかもしれません。

 

エロマンガ先生第9話より引用

 

ただ正宗が

何か言おうとするのを

止めさせたのは

正宗が何を言おうとしたのか

わかったからかもしれませんが。

 

ラノベ作家として自信満々のエルフとは

また違った一面が見れたと思います。

タイトルとURLをコピーしました