【アニメ】ゴブリンスレイヤー第12話(最終話)の感想 「ゴブスレさんの戦いは続く(たぶん)」

 

ゴブリンスレイヤータイトル

ゴブリンスレイヤー1話より引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回で最終回の本作。

まずはロードと戦い、

その後はエピローグのような

慰労会へ。

 

戦闘シーンあり、

日常あり、

いろいろ詰め込んでいますが

すべて過不足なく

仕上げているのは流石ですわ。

 

 

前回第11話の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

【アニメ】ゴブリンスレイヤー第11話の感想 「槍使いが流れを作り受付嬢(ギルド)の依頼が決定打に」

前回はゴブスレさんが

冒険者たちと共に

ゴブリン迎撃の準備を行い、

そして迎撃したお話でした。

 

 

スポンサーリンク

ロードの命乞いに対するゴブスレさんの答えは?

牧場襲撃失敗を確信したゴブリンロードは部下を置き去りにして逃走を図る。

自分が生きていれば、再起できるからだ。

しかしそれを予測している男が。

 

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

いきなり喋り始めるゴブリンロードには

ちょっとびっくりしましたが

CV井上和彦さんにしたのですから、

喋るのが当たり前ですよね。

唸り声だけだったらわざわざ

井上さんを配役しませんので。

 

さて逃亡に成功したと思った

ゴブリンロードに前に一人の男が

現れます。

はい、主人公のゴブスレさんです。

 

どうやらロードが逃亡するのは

予測済だったようですね。

 

でも逃がす訳にはいきません。

だって再起されたら面倒ですし、

今回の一件でロードも経験を積んでいます。

 

ここでしっかりと始末しなければ

次の時は冒険者たちが苦戦するかも

しれないので。

 

ただロードは強かった。

流れ的にゴブスレさんが

ロードを軽く倒して終了って

感じだったのに、

明らかに苦戦するゴブスレさん。

 

そういえば

ゴブスレさんって、

普通の雑魚ゴブリン以外の戦いで

正面からぶつかった時は

大抵苦戦していた気が。

 

丁度同じころ、

ゴブリンチャンピオンを撃破した

槍使いや重剣士との差は歴然。

 

まあ、ゴブスレさんの場合は

雑魚ゴブリン退治に

特化している面があるので

仕方ないのかもしれませんが。

 

 

ただゴブスレさんは

苦戦することも予想しており、

しっかりと次の手を用意してました。

 

それが女神官さんのプロテクションです。

守備用の魔法をロードを閉じ込めるのに使うとは。

かなり斬新なアイデアですわ。

 

 

プロテクションを唱える女神官(ゴブリンスレイヤー12話)

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

 

1話では駆け出しのヒヨッコだった

女神官。

 

ゴブスレさんと一緒に

行動するようになって

心身共に成長しましたねえ。

 

ロードが命乞いしても

全く躊躇しませんでしたし。

 

ゴブスレさんの考え方が

かなり女神官を変えたのでしょう。

 

まあ変な慈悲をかけたら

それを仇として返すのが

ゴブリンなので。

 

 

最後はゴブスレさんが

トドメを刺してロード撃破。

 

翌朝、

すべて終わったことを

ゴブスレさんが牛飼娘に報告して

終了です。

 

 

スポンサーリンク

女神官がゴブスレさんに強請ったものは?

ゴブリン退治が終わり、街に帰還した冒険者たちは慰労会を開催する。

その中はロードを倒したゴブリンスレイヤーと女神官もいた。

 

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

街に帰った冒険者たちは

慰労会を開催。

 

一仕事の後は

やっぱりこれですわ。

 

慰労会の会場の隅に

座って話をするゴブスレさんと

牛飼娘。

 

真ん中に女神官を挟んで

話す姿は

もう家族そのもの。

 

会話の内容も

お互いのことを

良く知っている感が

出ていますし、

ゴブスレさんが他の女性と

話しても動じないのが

わかりますわ。

 

目覚めた女神官(ゴブリンスレイヤー12話)

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

ゴブスレさんと女神官が

話しやすい様に

席を外す牛飼娘。

 

もう正妻の余裕が溢れている感が

半端ないです。

 

こりゃあ、

女神官、妖精弓手、剣の乙女、受付嬢、

これらが束になっても

勝てそうにありません。

 

普通の作品では

幼馴染は負けフラグですが

本作では幼馴染は正義のようです。

 

さて女神官は

なぜ正規の手順を踏んで

冒険者に依頼しなかったかを

ゴブスレさんに聞いてみます。

 

ただその答えはちょっと悲しかったですね。

そりゃあ、以前ダメだったら

今度もダメだろうと最初から諦めますよ。

 

槍使いが助け船出さなければ

ゴブスレさんは絶望的な戦いを

挑んで今頃は躯を晒していた

可能性だってゼロではありません。

 

極度の人間不信というよりは

諦めの気持ちが強すぎるような気が

します。

 

ただ女神官をはじめ

多くの冒険者と一緒に

行動するようになって

少しは考え方が変わって来た

ようですけどね。

 

さて女神官、

あることをゴブスレさんに

強請ります。

 

それは素顔を見せて欲しいというもの。

水の街で隣に寝た時に

見なかったの?と思いましたが、

あの時はそれどころでは

なかったのでしょう。

 

そしてゴブスレさんは

素顔を見せるために兜を脱ぎます。

 

当然それに食いつく

冒険者+受付嬢w

 

素顔を晒したゴブリンスレイヤーにみんな興味深々(ゴブリンスレイヤー12話)

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

 

ここでも牛飼娘だけは冷静。

さすが正妻、

一つ屋根の下、

一緒に住んでいるだけのことはありますわ。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

これで本作は終了です。

お疲れさまでした。

 

典型的な「おれたたエンド」ですけど、

気になるのはCパートの最後で

流れたこれ。

 

ゴブリンスレイヤーは帰って来るだろう

ゴブリンスレイヤー12話より引用

 

 

普通に考えれば、

ゴブリンスレイヤーの続編あるよ!!

ってことなんでしょうけど、

明言している訳ではありませんからねえ。

 

ホントにこの後の話を

アニメ化するかもしれませんけど、

2期とは限りません。

それこそOVA、劇場版、

コミックス特別版の付録なども

ありますので。

 

ゴブリンスレイヤーはGAですので、

一番ありそうなのは

コミックスの特別版の付録

なんですけどね。

 

ただ同じGAでも

ダンまちみたいに劇場版に

なる作品もありますし、

たぶんBD&DVDの売り上げで

今後の展開が変わる気がしますわ。

 

今度どうなるかはわかりませんけど、

アニメ1期はこれで終わり。

 

スマートではなく

泥臭い戦いの連続でしたが

何かリアリティがあって楽しめました。

 

原作者さま、

そしてスタッフの皆さん、

興味深い作品を作って頂き

ありがとうございました。

 

コミックス版は

今度も購入させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました